楽譜作成へのこだわり

譜面台のおすすめ10選

おすすめの譜面台10選をご紹介!

あらゆる価格帯の譜面台のおすすめ商品をプロが比較厳選してご紹介いたします。
持ち運びに便利な折り畳み式のコンパクトな軽量タイプから、重厚さと安定感重視のステージ用、ペン置きや小物置き付きの練習用にピッタリのものまで様々なタイプの譜面台をご紹介!

好みのデザイン、使用環境やご予算などに合わせてお気に入りのアイテム選びにお役立てください。

YAMAHA ヤマハ 軽量 譜面台 ソフトケース付 MS-250ALS

YAMAHA ヤマハ 軽量 譜面台 ソフトケース付 MS-250ALS [不明]

価格¥ 4,968

出版社ヤマハ(YAMAHA)

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴高さ:1,510mm (パネルは完全に開いた状態で床面から上枠迄の高さを表示 ・パネルの傾斜角は60度・3本のシャフトは全て最大に延ばした状態・脚部の開きは450mm), パネル部サイズ:450×215mm, 折りたたみ時サイズ:100×55×450mm, 重量:625g アルミ製, 付属品:ソフトケース/ページストッパー付

Supported by amazon Product Advertising API

① YAMAHA「MS-250ALS」

ヤマハの軽量モデルで、アマチュア〜プロまでリハーサルやスタジオ練習で良く使われているベストセラーです。色んな現場でホントにこれを良く見かけます(笑)パネル締めつけの部分はギアの角度調節が出来るのでパッと角度調整をする時も楽ちん簡単♪
625gと軽量で持ち運びに便利で、サビにも強い塗装で綺麗で丈夫でリーズナブルな持ち運びにイチオシのアイテムです。

KC 譜面台 M-300B/BK ブラック

KC 譜面台 M-300B/BK ブラック [不明]

価格¥ 3,394

出版社KC

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴1本の価格です。

Supported by amazon Product Advertising API

② KC 「M-300B」

キョーリツコーポレーションの、重量3140gとしっかり安定感もある、自宅練習やリハーサルスタジオ、ホールなどの据え置きにオススメの1台。
据え置き型の中ではコストパフォーマンスがすごく高い!リーズナブルでも作りもしっかりしているので、学校関係にもオススメです。

バークレイ 軽量スチール譜面台 MS-200N ブラック バッグ付き

バークレイ 軽量スチール譜面台 MS-200N ブラック バッグ付き [不明]

出版社バークレイ

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴2段階の高さ調節で、46cmから115cmまで可動。(地面から譜面受けの下端まで), 譜面押さえ付きなので、開いたページをしっかりキープできます。, 譜面受けは自在に角度調節が可能。難しい操作は一切なしで、 簡単に折りたたみ出来ます。, 肩掛け可能なキャリングバッグ付き。幅広タイプで出し入れしやすく、 譜面台の保護にも役立ちます。, 約850gと、超軽量ながら、安定性は抜群。

Supported by amazon Product Advertising API

③ バークレイ 「MS-200N」

とにかく安さを追求するならコチラ。
1000円程度で手に入る譜面台ではこちらが定番。スチール製なので長期使用ではサビが出やすいけどこの価格でソフトケースもちゃんと付いています!

ARIA アリア アルミ 軽量 約650g アルミニウム製譜面台 ブラック 譜面台 専用ポーチ付 AMS-100

ARIA アリア アルミ 軽量 約650g アルミニウム製譜面台 ブラック 譜面台 専用ポーチ付 AMS-100 [不明]

価格¥ 3,240

出版社ARIA

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴軽量・ 約650gのアルミニウム製譜面台, 使い勝手の良好なロックシステム、落ち着いたブラック外装が特徴。専用ポーチも付属しています

Supported by amazon Product Advertising API

④ ARIA 「AMS-100」

アリアの軽量モデル。この価格でアルミ製・650gの軽さ・ロック式の角度調整と充実の内容。
ページストッパーが上部に付いているので、好みが別れるとこですがこれも使いやすいですよ〜

キクタニ 譜面台 折りたたみ式 アルミ製 KMS-7B ブラック

キクタニ 譜面台 折りたたみ式 アルミ製 KMS-7B ブラック [不明]

価格¥ 3,780

出版社キクタニ

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴アルミ製ブラック仕上げ, ワンタッチ角度調節機構, 携帯用バッグ付き, 高さ最大1,438mm

Supported by amazon Product Advertising API

⑤ キクタニ 「KMS-7B」

こちらも700gと軽量モデル。
何と言っても便利なのが、ワンタッチ式の角度調整機能!ワンプッシュで一瞬で好きな角度に楽譜台を向けれます。使用する楽譜の枚数が少ないときには私は最近これを愛用中です。折り畳みもスムーズなんです!

ウィットナー 譜面台 961D  WITTNER MUSIC STAND 961D

ウィットナー 譜面台 961D WITTNER MUSIC STAND 961D [不明]

価格¥ 4,104

出版社ウィットナー

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴譜面台の超定番アイテム, Size 450~1050 mm (譜面を置く位置までの高さ), Height 210 x 430 mm, Weight 約1.0 Kg

Supported by amazon Product Advertising API

⑥ ウィットナー 961D

「頑丈」「壊れにくい」と根強い人気を誇るドイツの名門「ウィットナー社」の折り畳みタイプの譜面台です。
洗練されたデザインも、特にクラシック系の奏者さんに人気があるのも頷けます。

YAMAHA ヤマハ  軽量 譜面台 ケース付  MS303ALS

YAMAHA ヤマハ 軽量 譜面台 ケース付 MS303ALS [不明]

価格¥ 7,452

出版社ヤマハ(YAMAHA)

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴高さ:1,385mm (パネルは完全に開いた状態で床面から上枠迄の高さを表示 ・パネルの傾斜角は60度・3本のシャフトは全て最大に延ばした状態・脚部の開きは450mm), パネル部サイズ:450×215mm, 折りたたみ時サイズ:100×60×420mm, 重量:600g アルミ製, 付属品:ソフトケース/ページストッパー付

Supported by amazon Product Advertising API

⑦ YAMAHA 「MS-303ALS」

ヤマハの持ち運びタイプの大本命がこちら。
(上記のMS-250ALSはこのMS-303ALSのエントリーモデルです)
600gの軽さで、特殊塗装でサビにくく、ワンプッシュ角度調整と支柱の幅も広く安定感も抜群!
ヤマハ好きの方で、長〜く使える1台をお探しの方に絶対おすすめです。

オオハシ ミュージックスタンド プロフェッショナルタイプ AS-18F

オオハシ ミュージックスタンド プロフェッショナルタイプ AS-18F [不明]

出版社オオハシ産業

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴譜面部:鉄板製(ラック付)、黒色塗装, 支柱:鉄パイプ(グリップロックシステム)、上部パイプ径15.9mm、クロームメッキ、下部パイプ22.2mm、黒色塗装, 脚部:アルミ製、黒色塗装, 穴無し

Supported by amazon Product Advertising API

⑧ オオハシ 「AS18F」

ホール向けタイプの大定番はこちら。コンサートホールの現場で良く見かけます。
プロフェッショナルの現場でも、その重厚感と高級感に定評があるホールタイプ譜面台のスタンダードです。
パイプのクロームメッキの質感も良いんですよね〜。
ペン置きやチューナー置きに使える小物スペースが、ものすごく重宝します。

キクタニ 譜面台 木製 高さ調整815~1,145mm FS-G ブラウン

キクタニ 譜面台 木製 高さ調整815~1,145mm FS-G ブラウン [不明]

価格¥ 15,120

出版社キクタニ

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴木製譜面台, 材質:バーチ材, 譜面部サイズ:515mm X 325mm, 高さ調整:815mmから1,145mm

Supported by amazon Product Advertising API

⑨ キクタニ 「FS-G/BRO」

木製譜面台の定番がこちら。
高級感のあるクラシカルなデザインで安定感も抜群ですが、リーズナブル!
アルミやスチール製と違って、使い込むごとに出てくる「味」も楽しみの一つですね。

ARIA アリア 譜面台 AMS-30DT 収納ポーチ付属

ARIA アリア 譜面台 AMS-30DT 収納ポーチ付属 [不明]

出版社ARIA

商品カテゴリーエレクトロニクス

特徴収納時:255 x 65 x 55 mm, スチール製

Supported by amazon Product Advertising API

⑩ ARIA 「AMS-30DT」

卓上譜面台のオススメは、アリアのAMS-30DT。
机の上や、床・フロアの上などで使えるシンプルな卓上タイプです。
軽量&コンパクトなので、旅行や出先で自己練習をするプレーヤーさんにも超オススメ!

《音楽制作・楽曲制作のご依頼なら》


Return Top